次亜塩素酸水生成用 ビーガード タブレット

強力除菌・強力消臭。水に溶かすだけで次亜塩素酸水ができる、環境と人に優しい錠剤タブレットです。


次亜塩素酸水とは

医療機関や食品加工現場などで幅広く使われている人体に安全な除菌消臭剤です。
様々な細菌やウイルスに対して高い効果を発揮します。試験機関などで効果が実証されています。


ビーガードタブレット

強力除菌・強力消臭。水に溶かすだけで次亜塩素酸水ができる、環境と人に優しい錠剤タブレットです。
従来の液体タイプの短所を克服した長期保存性に優れ、運搬コストも低い錠剤タイプです。水道水や市販水に溶かすことで簡単に次亜塩素酸水(HClO)が生成できます。
その除菌・消臭効果は非常に強力でありながら、環境にも優しく、アルコール系除菌剤等に比べ、人体やペットにも安全です。
ビーガードタブレットは2種類あり、1g錠水約5リットル、0.5g錠水約2リットルの水道水や市販水に溶かすだけで遊離有効塩素濃度150ppm程度の除菌・消臭剤が生成できます。
有効塩素濃度を水の加減で調整すれば幅広く様々な用途にご利用できます。

◎高い酸化力

次亜塩素酸水は強力な酸化作用でウイルス、細菌を分解します。次亜塩素酸の塩素は有機物(菌、ウイルス)から電子を奪うことで、有機物を分解します。
この反応が酸化であり、除菌・消臭力のみなもとです。

その高い酸化力は水溶液をPh5.0~6.9に調整したレンジで発生します。
ビーガードタブレットは水に溶かした際、次亜塩素酸(強力な酸化力)が最も多く存在するこのレンジに予め調整されております。

◎除菌メカニズム

細菌の一般的な構造は外側に細胞壁、内側に形質膜、内部に細胞質と核酸でできています。次亜塩素酸(HCLO)は、次亜塩素酸ナトリウム希釈液の次亜塩素酸イオン(CLO-)と違い、その透過特性は内部の細胞質、核酸に直接到達し死滅させる事ができます。
ウイルス類の遺伝子はカプシド(たんぱく質膜)で覆われています。約80%のウイルスはこのカプシドの外殻に更にエンベロープ(脂質膜)を持っています。
インフルエンザウイルスはエンベロープを持っているエンベロープウイルスです。一方、ノロウイルスはエンベロープを持たないノンエンベロープウイルスで、こちらの方がより強靭とされています。次亜塩素酸(HCLO)は、エンベロープはもちろんの事、カプシドも透過し内部の遺伝子を酸化·死滅させる事ができます。
一般的に消毒に使用されているアルコールは、エンベロープは透過できますが、カプシドを透過できないので内部の遺伝子を死滅させられません。 そのため、アルコールよりカプシドを透過できる次亜塩素酸が強靭なノロウイルスに効果的だとされています。


効果測定試験

一般財団法人 北里環境科学センター、財団法人 日本食品分析センターに依頼して実施いたしました。
抗菌スペクトルは幅広く、次のような、よく問題となる細菌・ウイルスに対して、抜群の効果を発揮します。

<細菌類>
腸管出血性大腸菌 (O-157)
サルモネラ菌
メチシリン耐性黄色ぶどう球菌
多剤耐性緑膿菌
腸炎ビブリオ菌 など

<ウイルス類>
ネコカリシウイルス(ノロウイルス代替)
インフルエンザウイルス
イヌパルボウイルス など

ビーガードタブレットは、これらの細菌・ウイルスに対し、権威ある第三者機関の効果測定試験により、「検出限界値未満」まで除菌できる効力が証明されています。

ノロウイルスは、ウイルス類の中でも耐性の強いウイルスです。一般的なウイルスの外殻にはエンベロープという脂質膜があり、アルコール(エタノール)消毒剤でも脂質が溶解されて無害化されますが、ノロウイルスにはこのエンベロープがなく、アルコール(エタノール)消毒剤が効きません。 (ノロウイルスは、エンベロープが無くても生きられる強いウイルスです。) 一方、の次亜塩素酸(HClO)は、ノロウイルスの外殻であるカプシド(タンパク質膜)を透過し、内側の遺伝子を直接酸化・破壊して、死滅させます。 なお、イヌパルボウイルスは、非常に耐性の強い強力なウイルスとして知られていますが、そのイヌパルボウイルスに対しても、一度の作用で「検出限界値未満」の効力が証明されています。

各種試験データ

効果測定試験につきましては、一般財団法人「北里環境科学センター」、財)日本食品分析センターに依頼して実施しました。効果測定を行った細菌・ウイルスの種類の成績は、下記の通りです


ビーガードタブレットの使用法

◎塩素濃度150ppmの次亜塩素酸水を生成する場合
1gタブレット:約5リットルの水で溶かして下さい。
0.5gタブレット:約2リットルの水で溶かして下さい。

※使用する水のphにより生成後の次亜塩素酸水のphが左右されます。
※水の加減により有効塩素濃度が調整できます。
※水溶液の状態でより長く保存したい場合は、
 水を減らし有効塩素濃度を高くして下さい。
 その後、スプレーボトル等に移し水で薄めてご使用下さい。

◎使用上の注意 Caution
●食べ物ではありません、絶対に口に入れないで下さい
●加水溶解後、舐めても人体等に害はありませんが飲用しないで下さい
●用途以外の使用は避けて下さい
●他の化学薬品と混ぜないで下さい
●幼児の手の届かない場所で保管して下さい
●濡れた手で使用しないで下さい
●塩素アレルギーの方は使用をお控え下さい

◎使用期限と保管場所
●未開封で2年、開封後湿気、紫外線を避け貴金属に触れない冷暗所にて保管して下さい。
●ボトルは完全密封ではないため多少塩素臭がします。
●長期間、貴金属を近くに置きますと腐食する可能性がありますのでご注意下さい。
●加水溶解後は紫外線が当たらない冷暗所にて1ヶ月

主な使用例と有効濃度目安

用途塩素濃度タブレット1錠/水量
使用方法
●一般的な除菌・消臭
●室内生活雑貨用品
●介護用品
70ppm~100ppm1g:水約5.5リットル
0.5g:水約2.5リットル
(タブレットが溶けるまで10分程度)
スプレーボトルで除菌消臭スポットにスプレーしてください。水濡れが気になる場合や貴金属に掛けた際は適宜ふき取ってください。
●空間浮遊菌の除菌と寝具の除菌
●室内の消臭・除菌
●病院器具の洗浄除菌
●調理器具の洗浄除菌
●トイレタリーの除菌
●生ごみ・ペットの排泄物の除菌消臭
100ppm~150ppm1g:水約5リットル
0.5g:水約2リットル
(タブレットが溶けるまで10分程度)
スプレーボトルで除菌消臭スポットにスプレーしてください。水濡れが気になる場合や貴金属に掛けた際は適宜ふき取ってください。

空間噴霧の場合は当社の専用噴霧器を使用してください。 (当社、超微粒子噴霧器は次亜塩素酸水専用の噴霧器です)
●強力除菌環境に対応
●吐しゃ物•排泄物処理
200ppm~1g:水約3リットル
0.5g:水約1リットル
(タブレットが溶けるまで10分程度)
吐しゃ物や汚物が飛散しないよう注意しながらスプレーボトルなどで直接スプレーし、除去してください。汚物処理後は再度スプレーし除菌消臭してください。

使用上の注意
水溶液の状態では、有効塩素が徐々に失活していきますので早目にお使い下さい。
※塩素濃度が薄い場合は失活速度も早まりますのでご注意下さい。